賢くなりたい~賢くなりたくない~♪

見たもの聞いたもの何でも発信!!

海外に来ると日本語が恋しくなるのか,お笑い動画ばかり見てしまう・・・

【スポンサーサイト】

海外に来るとYoutubeばかり見てしまう・・・こんな経験ありませんか?
なんでしょうね,日本語が恋しいだけ?暇だから?

見るのは基本,お笑い番組

そして見るのは専らお笑い番組.最近はキングオブコントが近いため,過去の決勝進出者や今年新たに決勝へ進んだコンビ・トリオのコントを見ています.また,M-1が近いときに海外出張したときはM-1の歴代王者の漫才を探して見たりしていました.

なんだかんだの「すべらない話」

このように,そのときに何かイベントがあるときはそれに引っ張られた動画を見るのですが,そういったイベントがないときに見るお笑い動画やDVDは・・・僕の場合は「すべらない話」です.

ベタかもしれませんが,あのしゃべくり一つで笑いを取るシンプルな番組が一番安定笑える気がします.さらに,そのタイトル通り,何度聞いても「すべらない」ので,好きな話は暗記するくらい聞いています(笑)

日本語が恋しい?

また,海外出張ということで,本能的に母国語である日本語が聞きたくなっているのかもしれませんね.そうだとしたら,コントやビジュアルに訴えかけるお笑いよりも,漫才やすべらない話のほうが本能を満たすのかもしれません.

お笑い番組に元気をもらってる

さらに,海外出張では普段とは違う,慣れていない環境なので,生活するだけで疲れます.そんなときは(僕の場合は)お笑いに元気をもらっています.単に「バラエティは何も考えずに見れる」という枠を超えて,見ると元気になるんです.僕にとってお笑い番組は仕事終わりのビールのような存在です.家族と離れて海外出張に来ると,さらには一人で来ると,気がつくと「あ,今日一言も日本語話してないや」,「今日一回も笑ってないや」なんてことがあります.そんなときお笑い番組を見て笑うとすっきりするのです.

海外でも元気がもらえるテレビ番組に巡り合えるか?

今回,私は海外出張ではなく,海外の会社への転職で日本を出ました.期限はありません.今の職場でも定年まで働けるタイトルをもらっています.今はまだ来て間もないので,日本のお笑い番組をよく見ているのですが,だんだん言葉がわかってきて,こっちの文化に馴染んできたとき,果たして僕は海外のバラエティ番組を好きになれるのでしょうか?前述したすべらない話のように,元気をもらえるようなバラエティ番組に巡り合えるでしょうか?よく,「日本のお笑いは海外に比べてレベルが高い」と言われていますが,それは日本国内だけで聞いた話.当然,欧米人もテレビを見て大笑いしているし,ツボは違えどテレビにはお笑い要素が詰まっているはず.

今後,長い海外生活をかけて,このテーマに取り組んでいこうと思います(笑)
できればヴィジュアルの笑いではなく,しゃべくりで笑いをとる番組を見つけたいですね.ってことは言語をマスターしなければ・・・ってことですよね.

まだまだ時間がかかりそうです。。