読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賢くなりたい~賢くなりたくない~♪

見たもの聞いたもの何でも発信!!

Tumblr(タンブラー)でのブログ運用を考える【メリット・デメリット】(2)

【スポンサーサイト】

 前回の記事の続きです.Tumblrのメリット・デメリットを考えるエントリ.今回は私が感じたデメリットを紹介します.

f:id:ooenoohji:20151218210246g:plain

 

前回の記事はこちら

turedurefr.hatenablog.com

 

↓↓↓Tumblrのデメリットはこちら↓↓↓

長い記事が書けない

他のブログサービスのように「続きを読む」が使えないため,基本的にエントリが全て表示されます.なので,一つ一つが長い記事のブログを運営したい人はトップページがえらいことになります.

私が運用しているTumblrのページは文章は短くして,リンクを張りまくるようにしています.私の運用しているTumblrページはこちら

tr-euro.instafr.com

自動SEO対策が弱い

はてなブログやFC2を運用してみてわかったのは,SEO対策をある程度勝手に(自動で)やってくれるので,こっちとしては記事を更新するだけでGoogle等のサーチエンジンに載ります.しかし,Tumblrはなかなか上位に出てきません.それは私の書く内容が悪いのかもしれませんが,アクセス数を伸ばすには自分でping送信したりしなければならないと思います(あまり知識ないので間違えていたらごめんなさい.あくまでも私が感じたことを書いています)

広告を貼るなどカスタマイズ可能だが知識が必要

前回の記事で,メリットとしてアフィリエイトアドセンス広告が設置可能と書いたのですが,他のブログサービスに比べて設置するにはHTML等の知識が必要になります.他のブログサービスはガジェットとして広告を設置できますが,Tumblrの場合はページ全体のHTMLコードから自分で適切な場所を見つけて設置しなければなりません

他のページへの「リブログ」が基本,自分のページへは飛ばない

これはempitsu paparさんのブログに書いてあったのですが,

Tumblrの良いところのひとつに「ワンクリックでリブログしてもらえる」というものがありますが、言い換えればそれは「自分のページに飛んでくれな い」わけです。でもアフィリエイトや広告で収入を得ようとする場合、自分のTumblrのトップや各記事に広告を貼るわけですからそのページのPVを稼が ないとどうしようもありません。

 たしかにそうですね。。自分自身のページのPVは稼げないです.

結果,私はキュレーションサイト的にTumblrを使っている

ということで,私は複数ある自分のブログのエントリを再編集し,違うカテゴリでまとめ直したキュレーションサイト的に運用しています.ブログ初心者の私の考えなので参考になるかわかりませんが,本エントリが少しでも役に立つ情報になってくれたら嬉しいです.

以下,私のTumblrページのリンクを貼ります.もしお暇な方がいたらご覧ください.

tr-euro.instafr.com

tr-eng.instafr.com